トップページ
インフォメーション
診療の流れ
カリオロジー予防
ペリオドントロジー予防
Q & A
スタッフ紹介
トリートメントコーディネーター
医院案内・概要
医院アクセスマップ
お問い合わせ
プライバシーポリシー
 
AED 自動体外式除細動器 設置施設
Sasaki Dental Clinic 佐々木歯科医院
カリオロジーについて
「歯磨きはちゃんとしているのに。。甘い物はあまり食べないんだけどなぁ。」こんな声が聞こえてきそうです。みなさんの口の中を見てください。下顎の前歯(下のまえ歯)の裏側にムシ歯ができている人はほとんどいないはずです。では、そこだけていねいに磨いているのでしょうか???そんなことはないはずです。また、甘い物を食べれば、そこにも食べ物が行くはずですね。でもそこにはムシ歯は発症しません。歯磨きが上手にできていない事や甘い食べ物だけが原因ではないのです。
どうしてムシ歯はできるの? どうしてムシ歯はできるの?
▲一番上に戻る▲
脱灰と再石灰化
お口の中には細菌がたくさんいますが,食事をとるたびにその細菌が食べ物を分解して酸を出します。(口の中が酸っぱくなった感じです。)口の中が酸性になると歯の表面のカルシュームが溶け出します。しかし一時間くらいすると唾液の性能のおかげで,酸性の口は中和され、唾液の中のカルシュームがまた歯に取り込まれるということがおきます。すなわち食事のたびに歯は溶けたり戻ったりを繰り返しているわけです(脱灰と再石灰化)。ムシ歯が発症しているところは、溶けてもちゃんと戻らない状態か,溶けたり戻ったりのバランスが溶ける方に少し傾いている状態になっているわけです(ムシ歯は脱灰と再石灰化のバランスがくずれておきる病気なのです)。できてしまったムシ歯(穴)を詰めたり被せたりしても口の中の環境が変わる訳ではありませんので、時間が経過すれば必ずムシ歯は再発進行するわけです。
脱灰と再石灰化 脱灰と再石灰化
▲一番上に戻る▲
リスクコントロール
脱灰と再石灰化のバランスがくずれていく要因には、唾液の量と質、ムシ歯菌の数、飲食回数、歯磨きのうまさ、フッ素の使用など、多くの要因が関わってきます。脱灰と再石灰化のバランスがくずれているのは何が原因なのかは、調べてみればわかります。それが「サリバテスト」です。原因がわからなければ対応策の立てようもありません。虫歯の治療とは、脱灰と再石灰化のバランスを調べて、それを整える事なのです。ムシ歯の穴を埋めたり被せたりしも、決して治癒するものではありません。
リスクコントロール リスクコントロール
▲一番上に戻る▲
ムシ歯はうつる病気です
ムシ歯はうつる病気ですお口の中の病気はすべて細菌が原因で起きる病気です。ムシ歯はムシ歯菌,歯周病は歯周病原菌で起きる病気です。小さい時(1歳半から3歳まで)に育ててくれた人からうつって定着すると言われています。すなわち「うつる病気」なのです。お母さんのお口の中を清潔にしておく事が虫歯予防の第一歩です。
▲一番上に戻る▲
ムシ歯はまれな病気?
当院のムシ歯予防のデーターと平成17年度の歯科疾患実態調査との比較では,12歳児カリエスフリー率は、全国平均で46,7%、これに対して当院の12歳児カリエスフリー率は91%と、ほとんどの子供たちにムシ歯は発症していないことがわかります。ムシ歯はまれな病気?


 小さい時から通院している子供たちのムシ歯が少ない事がわかります。できれば、2歳頃までに診察させていただけると乳歯のムシ歯も発症させる事はほとんどなくなります。ムシ歯はまれな病気?
▲一番上に戻る▲
カリエスフリー
子供の時に、ムシ歯が多く発症していたとしても、その原因を調べ、脱灰と再石灰化のバランスを整えるように予防プログラムを実践できれば、永久歯にムシ歯が発症する事はほとんどありません。ムシ歯は予防できるのです。
 
医療法人社団 佐々木歯科医院
〒990-2313 山形県山形市松原137-13
TEL:023-688-8148 FAX:023-688-8149
受付時間/AM9:00〜PM11:30 PM2:00〜PM6:00(土曜日 PM2:00〜PM4:30)
休診日:日曜・祭日・木曜
Copyright (C) 2007 Sasaki Dental Clinic. All rights reserved.